こんなクラファンに気を付けよう~2台のiPhone持ち歩き用ケース編

693
59ドル(約7900円)~詳細ページ

香港発、2台のiPhoneを持ち歩ける上、ワイヤレス充電も可能なスマホケース「EPZL Case」の先行販売プロジェクトが今冬、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。文字に起こすと便利そうに見えますが、実際はどうでしょうか。

ワイヤレス充電に必要なコネクタは…

「EPZL Case」は革製の手帳式カバーと内蔵磁石でくっつくiPhoneケース2枚からなります。2台持ちだと持ち運びが面倒で、表面に傷が付く心配が倍増しますが、内側に衝撃吸収機能を備えるカバーに揃えて入れておけば、スマートかつ安全に持ち歩けるとしています。

カバー内側の左右にはそれぞれワイヤレス充電パッドが内蔵されています。背部分の端にあるコネクタ(USB-Cとみられるが、詳細不明)に充電ケーブルを挿し込めば、2台のiPhoneをカバーに置くだけで充電できる仕組み。出力は15Wなので、2台を同時に急速充電できるようです。

スペック表があまりにも心許なさ過ぎる

「EPZL Case」の先行販売プロジェクトは44人から支援を受けましたが、筆者的には「よく支援したな」と思います。というのもコネクタの種類が表記されておらず、そもそもワイヤレス充電パッド入りケースのスペック表がたった5行しかないからです。コメントが1件もないのは不気味です。

もしかたらこの2台のiPhone持ち歩き用ケースのプロジェクトが他のプラットフォームで立ち上がるかもしれませんが、支援するのは勇気が要ります。どんなクラファンのプロジェクトであれ、面倒かもしれませんが、プロジェクトページ下部のスペック表まで確認することをお勧めします。

<参考元>Kickstarter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ