最高の素材・道具・技術でつくられたショルダーバッグ

2524

職人の、本物のこだわりが込められたバッグが、米国テネシー州のナッシュビルにあるEmil Erwinから生まれている。最高の素材、道具、技術を用いて、職人が実際に作業している様子。生地を切り、ミシンを入れる、ハンマーで金具を留める様子を見ると、興味を抱かずにはいられない。

ブリーフケースとしてもショルダーバッグとしても使える「Erwin」。ただ美しいだけではなく、長く使えるように、と丹精を込めてつくられている。高級感溢れる革はシカゴにあるHorween製だ。アメリカ最古の工場は100年以上の歴史を誇っている。ステンレスのバックルとリングがアクセント。サイズは43 x 35 x15cm。カラーはブラックとブラウン。価格は$1,400

注文してから製作に取り掛かるので手元に届くのは2,3ヵ月後とのこと。それだけ時間をかけて完成したアイテムは永久保証。いいものをつくるという職人の自信の現れだろう。バッグはメッセンジャー、ショルダー、トートも販売し、他にはベルトや財布も注文できる。どれもがオールドファッションの魅力的なアイテムだ。

今は素晴らしい時代だ。いいものの情報はインターネットで世界中に行き渡り、注文をとることも発送することもできる。もちろんErwinを初めとするアイテムも日本から注文できる。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ