成田発が18時間に!エティハド航空がアブダビ=アテネ線増便へ

935

2020年夏、アラブ首長国連邦・アブダビ経由でのギリシャ旅行が便利になります。エティハド航空は7月8日から8月31日までの期間、アブダビとアテネを結ぶ直行便を1日1往復増便し、1日2往復で運航します。

フライトスケジュールは成田夕方発・アテネ翌朝着

エティハド航空がアブダビ=アテネ線を増便することで、東京(成田)からエティハド便を乗り継いでギリシャの首都に向かう旅行者の移動時間は大幅に短縮されます。従来のフライトスケジュールなら乗り継ぎ時間込みで26時間以上かかりますが、増便期間中は18時間20分になります。この場合、成田出発時刻は午後5時45分、アテネ到着時刻は翌日午前6時5分です。

一方、エティハド航空便を乗り継ぎ、アテネから成田へ向かう場合の旅行時間は16時間で、増便実施前と後で大きな違いはありません。

アテネからスニオン岬へ。その道中で海水浴を楽しめる

アテネを訪れるなら、パルテノン神殿・エレクティオン神殿・ディオニューソス劇場などが残るアクロポリスの丘に足を運ばないわけにはいきません。古代ギリシャへの造詣を深めたいなら、アテネ国立考古学博物館へ。

アテネからエーゲ海の島々へ向かうのも良いですが、アテネの南東70キロにあるスニオン岬を目指すのも悪くないアイデアです。スニオン岬ではポセイドン神殿と美しい夕日を見られます。夕方になるまではアッティカ半島西岸に点在する海水浴場でのんびりしてみてはどうでしょう。

参照元:ETIHAD AVIATION GROUP

この記事をシェア
0 0
記事のタグ