たったこれだけで、ナイトハイクが安全になる

1752

夜の山歩きには、悪魔的な魅力がある。昼間は何でもないハイキングコースも、夜歩けばミステリアスな雰囲気がいっぱいだ。ただ、ナイトハイクには危険も多い。足を滑らせて転びそうになったり、木の枝が顔におおいぶさって来たり…そんな時に備えて、できるだけ両手は自由にしておきたい。

この「National Geographic Expedition Shoe Lights (ナショナルジオグラフィック探検靴ライト) 」は、両足首に付けて前方を照らすことができるLEDライトだ。靴の足首部分にクリップで留めるようになっている。よりしっかり取り付けたいなら、靴ひもを通して結ぶこともできる。National Geographic Expedition Shoe Lightsがあれば、懐中電灯の必要がなく、両手がフリーになる。だから、転びそうになれば咄嗟にどこかに捕まれるし、懐中電灯を苦労して脇の下の挟まないでもオシッコができる。

見た目モノモノしいデザインになっているのは、子供が使うことを意識してのことだと思う。(特に男の子はこういうメカっぽいのが好きだ) でも、お子様にはお勧めしない。自由に走り回るにはNational Geographic Expedition Shoe Lightsはちょっと邪魔になる。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ