気分はマリオカート? 破天荒の“本当の意味”を体現する三輪車

2520
~$15,000詳細ページ

いきなりですがクイズです。「破天荒」の正しい意味はどちらでしょうか。A. 豪快で大胆な様子、B. 前人が成しえなかったことを初めてすること。答えはBです。ある調査によれば、Aを選んだ人が過半数に達していたそうです。では、注目ガジェットの紹介を始めましょう。プロジェクトの発案者であるTyler HadzickとエンジニアのJoe Hadzickが3年の歳月を経て完成させた「ONDA Cycle (ONDA サイクル)」。まさしく前人が成しえなかったマシーンなのです。

ONDA Cycle (ONDA サイクル)は3つの車輪を持つことから、ニュータイプの三輪車と捉えてもいいでしょう。とはいえ、私たちがイメージする三輪車、幼い頃に乗り回していたマシーンとはかけ離れたルックスです。腰をどっぷりと落ちつけて、足を伸ばしてペダルを漕ぐスタイルは、むしろゴーカートに近いかもしれません。

ONDA Cycle (ONDA サイクル)のウリは三輪車や自転車では味わえないスピンをいとも簡単にこなせるところでしょうか。通常のハンドルを左手で操作しつつ、後方にあるオリジナルのハンドルを右手で操作することで、くるくる回ることができます。リアルなマリオカート気分を味わえそうです。もちろん後輪を固定しての通常走行も可能で、最高時速は約34kmです。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ