特大コーヒカップで違いのわかる男になろうぜ!

2368

私はコーヒーといえば「違いのわかる男」のCMが思い浮かぶ。あえて企業名、商品名は出さないが、そのCMは日本人にコーヒーと言う飲み物を定着させたと言っていいだろう。このCMで誰を思い浮かべるかによって、世代がわかるのかもしれない。私は大沢たかおを思い浮かべるが、皆さんは誰を思い浮かべるだろうか。

違いのわかる男のコーヒーカップは、やはり人とは違うものでなければならない。そう、「Extra Large Coffee Cup (特大コーヒーカップ)」でなければならないのだ。Extra Large Coffee Cupは直径10インチ、約25.4センチメートルの超特大コーヒーカップである。これでコーヒーを飲めば、違いのわかる男として周りから一豆、いや一目置かれることは間違いない。ミスターコーヒーの称号得る事ができることであろう。

これを紹介している海外のサイトでは、「卒業ギフト」としている。何から卒業するのか私には良くわからないが、シャレっ気たっぷりのExtra Large Coffee Cupでコーヒーを飲み、煩悩を払えと言うことなのかもしれない。いや、Extra Large Coffee Cupでコーヒーを飲んで、マメな努力を、と言うことかも。それとも、コーヒーだけに引きが肝心ってことかな。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ