やっぱり手書き!家族に気持ちを伝えられる卓上ポストに注目してみた

842
20ユーロ(約2700円)~詳細ページ

スロベニア発、家族の結びつきを強めるのに役立つ小さな卓上ポスト「Familytale Mailbox」の先行販売プロジェクトが今夏、米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

手紙を手渡す勇気は必要ない

「Familytale Mailbox」は、親と打ち明け話をしたいけれど、面と向かって言えない子どもの助けになるものです。親に面と向かって言えない(あるいは親が忙しそう)なら、手紙という手段がありますが、手渡すのも勇気が要ります。そこでかわいいドア型卓上ポストの出番です。

卓上ポストを家に置く場合、悩みや願いごとがある子どもはそれらを小さな紙に書き、ポスト上面の口に入れます。親がポストの中を確認するには正面のドアを開けます。「手書きの方が気持ちは伝わる」とよく言いますが、親はメッセージアプリ上の文字より多くのものを感じることでしょう。

専用のアルバムなどが付属

人からもらった手紙を思い出としてファイルに綴じている方もいるでしょう。「Familytale Mailbox」にはアルバムが付属しており、ドアに入っていた手紙を貼ることで子どもからの言葉を忘れずにいられます。封筒や便箋もセットで付いてくるので、しばらく紙の心配は無用です。

親子・家族間のコミュニケーションを補強する卓上ポストの先行販売プロジェクトは2日で目標金額を集めました。「木製」「手作り」「色が選べる」「インテリアとしてもおしゃれ」などの点も「手紙」「手書き」といったアイデアに共感した人々が支援する後押しになったかもしれません。

<参考元>Kickstarter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ