友達がたくさんできるビーチサンダル ~ビーチのあちこちでビアパーティーが始まります~

1148

一人のビーチほど寂しいものはない。強い日差しの中でビーチを歩く、歩く。果てしなく続くビーチ。今日は一人でビーチに来た。なぜ一人で来たのだろう。男にとって一人の時間は大切な時間である。頭を空白にすることは必要な時間なのである。スケジュールに追われる日々を送るビジネスマンは、常に一歩も二歩も先を読んで動いている。あらゆる事態を想定して、あらゆる可能性を追求する。そんな頭もたまにはリセットする必要があるのである。

しかし、楽しそうに語らう恋人たち、わいわい騒いでいるグループを見ていると、自分もその輪に入りたくなってくるのである。

そんなときは、「Flip Flops (フリップフロップス)」を履いてビーチをパタパタと歩いて欲しい。ビーチに残る「Follow Me (俺についてきて)」「Bring Beer (ビール持ってきて)」を見て振り向く者がたくさんいるであろう。そして、ビーチを2、3度往復するだけで、ビアグラスを片手に同じ気分の者たちが集まってくるのである。みんな頭をリセットするために来たのだ。見知らぬ者たちとの語らいは、さらに頭をリセットさせてくれることを皆知っている。

たまにはFlip Flops (フリップフロップス)を履いてビーチに出てみよう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ