LCCフライドバイ、キルギス・オシュ線を開設 モルディブ・ガン島線も

868

アラブ首長国連邦(UAE)の格安航空会社(LCC)、フライドバイは11月3日からドバイと中央アジア・キルギスの「南部の首都」オシュを結ぶ直行便を週2往復で開設しました。フライト時間は約4時間です。

中央アジア就航都市は8都市に

ドバイ=オシュ直行便を運航している航空会社は11月時点では他になく、オシュを目指す旅行者はフライトの選択肢が広がります。3000年以上の歴史を有し、雄大な自然が広がるオシュはウズベキスタン国境に近接し、タジキスタンにも近く、異文化の交差点として栄えてきました。

フライドバイのキルギスネットワークは首都ビシュケクとオシュの2都市に拡大しました。他の中央アジア就航都市はカザフスタンのアルマイト、アスタナ、タジキスタンのドゥシャンベ、ウズベキスタンのナマンガン、サマルカンド、タシケント。ナマンガン線は9月に開設したばかりです。

モルディブ路線は週28往復へ

フライドバイのネットワーク拡大は中央アジアにとどまりません。来年2月4日からはドバイと南アジア・モルディブのガン島を結ぶ直行便を1日1往復で開設します。首都マレ(空港はマレ島に近接しているフルレ島にある)直行便と合わせた便数は週28往復となります。

ガン島はモルディブの空の玄関口・マレから遠く離れたアッドゥ環礁に位置しており、これまでガン島へ向かうにはマレからの移動に貴重な時間を費やさなければなりませんでした。しかし来年2月からは世界各地と結ばれているドバイからひとっ飛びできるようになります(約6時間)。

<参考元>flydubai

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ