室内でも遊べる!UFO型フライングスピナーの先行販売が絶好調

624
24ドル(約2600円)~詳細ページ

机の上での勉強・仕事の集中力が切れたら、手のひらより少し大きなサイズの「飛ぶ」おもちゃで気分転換してみませんか。米国発、UFO型のフライングスピナー『FlyNova』先行販売プロジェクトが11月、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で立ち上がりました。

斜め上45度に向かって投げると…

『FlyNova』の遊び方は簡単です。まずフライングスピナーの上下(中心軸の端と端)を片手でつまみ、サイドをもう片方の手でくるくる回します。するとケース内のプロペラが回転を始め、内蔵のLEDライトが光り出します。そして狙いを定めてスピナーを軽く投げると、回りながら飛んでいきます。プロペラの回転はスピナーを包み込むように掴むと止まります。

1人遊びの基本技は「スピナーを斜め上45度に向かって投げ、ブーメランのように戻ってくるところをキャッチする」。コツは投げる強さと角度です。室内でも遊べるように、壁にぶつかったり、地面に落ちたりしても壊れにくい作りになっています。一休みしたい時に椅子から立ち上がり、スピナーで遊べば、良い気分転換になるはずです。適当な物を用意して射的を楽しむのもあり。

 3人以上の応用技は盛り上がり必至。

『FlyNova』を2人で遊ぶ時の基本技は「1人がフライングスピナーを押し出すように投げ、真っすぐ飛んできたのをもう1人がキャッチする」。投げる強さと角度を工夫すれば、高い塀越えのキャッチも可能です。3人以上のチームプレーもオススメ。円状に並んだチーム全員がスピナーを一斉に投げ、向かいから飛んでくるスピナーを同時に掴む技は成功したら大いに盛り上がるでしょう。

簡単に遊べる上、周囲の人を巻き込んでさまざまな遊び方ができるフライングスピナーの先行販売プロジェクトは11月中旬現在、目標金の100倍を調達する大盛況ぶり。調達金額は21万ドル(約2300万円)、支援人数は3500人以上に上っています。もしかしたら来年は「飛ぶ」おもちゃがちょっとしたブームになるかもしれません。

参照元:INDIEGOGO

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ