目に優しい5つの食材とは

2206
未定 詳細なし

目に良くないとわかっていても、ついつい長時間テレビを見たり、パソコンや携帯電話を深夜まで操作しがちで、目を休ませることをしなくなった近代。視力低下が大きな問題となり、視力アップのためなら何でもする人が増えてきました。

一度悪くした視力は自然回復が極めて難しい中、これから紹介する食品を取ることによって、視力低下を防ぐことができるの、知ってましたか?

1. ニンジン、かぼちゃ

ニンジンやかぼちゃは、抗酸化物質であるβカロテンを含んでいます。これは目の老化である白内障や緑内障などに効果的です。βカロテンは体内に取り込まれると、必要な分だけビタミンAに変わります。

ビタミンAは目の網膜にある光を調整する視細胞に必要な要素なので、ビタミンAが足りていれば視力の低下や夜盲症などが予防できると言われています。

gigamen_Foods_Eye_Health

2. ホウレンソウ、ケール

ホウレンソウやケールなどの緑黄食野菜に豊富に含まれているルテインは、高い抗酸化作用で紫外線などの害から目を守り、白内障、緑内障、黄斑変性症などさまざまな目の疾患に効き目をあらわします。

1週間あたり280グラムの冷凍ホウレンソウや、冷凍ケールを摂取するよう心掛けてください。

gigamen_Foods_Eye_Health01

3. アーモンド

アーモンドに豊富に含まれているビタミンEは、視力の回復や維持に重要な働きをしているビタミンのひとつです。又、毛細血管を拡張し、血行を良くすることなどで眼精疲労の予防や改善にも効果があるとされています。

ビタミンEは、さらに、抗酸化作用をもつビタミンで、眼の筋肉などの細胞を活性酸素から守ることで視力の低下などを防いでいます。

gigamen_Foods_Eye_Health02

4. オレンジ、グレープフルーツ

ビタミンCは、若さを保つビタミンとして知られていますが、目の水晶体の透明度を保つ働きがあるので、白内障の予防に効果的です。特にオレンジやグレープフルーツから、簡単に摂取できますね。

オレンジジュース一杯で、124ミリグラムのビタミンCを取ることができます。ビタミンCとビタミンEを一緒に取ると、視力低下の問題により効果的です。

gigamen_Foods_Eye_Health03

5. オメガ3食品

マグロ、サーモン、サバ、イワシ、クルミとキャノーラ油なに含まれる、オメガ3。DHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸の摂取がドライアイの改善に有効であるという研究発表もされているそうです。

DHAを多く含むマグロを週5日以上摂取する女性は、週1回摂取する女性に比べてドライアイのリスクが68%低いという報告があるほか、スポーツ選手を対象とした試験では、DHAの摂取が動体視力の改善に有効であることが認めらたという報告もあるそうです。

gigamen_Foods_Eye_Health04

視力はとても重要な問題です。一度失った視力を戻すのはとても困難です。毎日の食生活で目に優しい食材を取り入れることによって予防できるのであれば、是非試してみたいと思います。

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ