3Dプリンタで三原色を自由自在に使おう「The Palette」

1969

光の三原色は、赤、緑、青です。この三色の組み合わせで様々な色合いを出していくわけです。テレビやパソコンも同じ原理です。三色を重ね合わせると白色になるのです。

なぜ青色発光ダイオードの開発が大発明かというと、それまで赤と緑の発色はできたのですが、青だけが発色させることができなかったのです。青色が開発されたために白色を発色させることができるようになったわけです。

大分話がそれてしまいました。ここにご紹介する「Palette」は、3Dプリンタに自分の好きな色を調合するための補助装置です。4色を調合することが可能です。

gigamen_Palette01

パソコン上の3Dがそのままプリントできる

例えば、3Dプリンタで4色の縞模様のオブジェを作成するとしましょう。下から積み上げていきながら、綺麗な縞模様ができるように4色のフィラメントを順序良く適切な長さに継ぎ合せていくことが必要になりますが、Paletteはパソコン上の描いた3D画像を再現するようにフィラメントを制御してくれるのです。

gigamen_Palette02

この説明は動画を見ていただいた方が早いですね。

Paletteがあれば、自分の思い描く色合いの作品を3Dプリンタを使って作成することができます。Paletteは、あなたを3Dデザイナーにしてくれるでしょう。現在Kickstarterで資金調達中です。

動画を見る

参照元:The Palette(Kickstarter)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ