ディカプリオも参戦する「フォーミュラE」に大注目だ!

1032

2014年からスタートする完全電気動力によるレースシリーズ「フォーミュラE (Formula E)」に、俳優のレオナルド・ディカプリオが参戦する。といっても、モナコを拠点とする「ヴェンチュリー・オートモーティブ」の創始者ギルド・バランカ・バストール氏との共同創設した「ヴェンチュリー・グランプリ・フォーミュラEチーム」のオーナーでの参戦だ。

ヴェンチュリーのギルド・パランカ・パストール代表は「ヴェンチュリーは、10年以上にわたり高性能電気車両のパイオニアだった。フォーミュラEは、世界中で競争するだけでなく、モータースポーツを通じて我々の先進技術を改善するための素晴らしい機会を与えてくれる」とコメント。

レースを運営する、「フォーミュラEホールディングス」のアレハンドロ・アガクCEOは「ヴェンチュリー・グランプリチームをFIA フォーミュラE選手権の10番目、そして最後のチームとして迎え入れることは名誉であり、喜びだ」とコメントしており、「ギルドは、エレクトリックレーシングの先駆者であり、彼の情熱とヴィジョンは電気自動車で成し遂げられる技術的なバリアを推し進めている。

そして、「もちろん、レオナルド・ディカプリオには我々の選手権への非常に特別な歓迎を与えたい。彼以上に世界中にメッセージを広げる環境リーダーはいない。彼や世界的な環境大使であるリチャード・ブランソンのような人々は、我々の選手権にとって特権であり、世界中の都市での電気自動車の利用を広げるために大きな助けになるだろう」ともコメントしている。

フォーミュラEとは、2014年から始まる、電気自動車のシングルシーターを使った新機軸のレースシリーズ。世界各地の大都市や有名リゾート地の市街地コースで行なわれる。シリーズは秋に北京で開幕し、年をまたいで年間10戦程度が行なわれる予定。「スパーク・ルノーSRT01E」という共通のマシンを利用するワンメイクスレースになる。搭載バッテリーの充電量に限度があるため、ドライバー1名あたり2台のマシンを使用し、レース中にピットで乗り換えなければならないなど、独自のルールがある。

参加チームは10チームで、日本からは鈴木亜久里氏率いる「スーパーアグリフォーミュラE」も参戦。ヴァージングループのリチャード・ブランソン氏の参戦も報じられている。尚、日本での放映権はテレビ朝日が獲得しており、地上波、BS、CSの3波で全戦生中継を予定している。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ