注目のiWatch、小型化しフィットネス機能が向上

1459
未定 詳細なし

アップル社のカリスマ的存在であったスティーブ・ジョブスCEOの後継者としてCOO(最高執行責任者)から昇格した、ティム・クック。ティム・クックは通称で、本名はティモシー・D・クック。Nikeの取締役も務めている。

米IBM社のPC部門に12年間勤務し、その後、米コンパック社(現ヒューレット・パッカード社)の役員を経て、98年にワールドワイドオペレーション担当シニアバイスプレジデントとしてアップル社に入社。物流を合理化するロジスティックスに革新をもたらしたことで、当時低迷していたアップル社の復興に貢献した。

05年にはCOOへと昇進し、経営の実務を任された。ジョブスが医療休暇で不在の間はCEO代理も務めたが、当時の新製品である「iPhone 3GS」のリリースや、「iPod」「MacBook」「Mac OS」を完成させ、四半期連続で業績を上げるなどの手腕を発揮し、取締役会員の報酬決定委員会によって破格の特別ボーナスを支給されている。

そんなティム・クックがiWatchに関してのあらゆる噂が取り巻く中、遂にその重い口を開いた。「新しい商品のカテゴリーを開拓する」と公言した。The Wall Street Journalでは以下のように語っている。

もうすぐ発表となる新しい商品に関して、素晴らしい感触がある。今まであったものよりも、より小型化を目指している。」SamsunやSonyが既にGear2やSmartWatch2を発表している中での、この自信満々な発言だ。

gigamen_Tim_Cook

NikeとApple社の最強タッグ

次期iOSではフィットネスやヘルスケアがフィーチャーされることが噂されてきたが、それは実際になりそうだ。Nikeと提携し、ヘルスケアできるアプリを作成中と発表した。実際の発売までにある程度ローンチタイトル確保を目指すことになるだろう。

ジョブズからも信頼され、すでにその経営手腕も認められているだが、カリスマ的存在であったジョブズの下、常に注目される商品を展開してきたアップル社。ティム・クックがCEOに就任してからの第一弾となる新しい商品iWatch。iWatchを筆頭に、ティムがApple社を今後どのように引き継いでいくかが期待される。

記事元:GIGAMEN
参照元:Trusted Reviews

この記事をシェア
0 0
記事のタグ