世界最小の3Dプリンターがすごい LIX PEN

3977
~£30,000詳細ページ

立体的なイメージを作り出せることで飛躍的に用途が広がる3Dプリンター。食品サンプルや、工業製品のモックなどすでに色々な方面で実用化されつつある。だが現在は価格やサイズがまだまだ汎用化というわけにもいかず、個人で使うには至っていない。

gigamen_LIX_pen01

世界最小で最初の3Dアートが創れるペン

LIX pen(3Dペン)」は、USB電源で使える世界最少の3Dプリンター。使い方は至って簡単。インクの代わりにLIX penは熱で溶かして液状化したプラスティックを、先端から細く絞りだす。この液状プラスティックはすぐ冷えて固まるので、三次元空間において簡単に3Dの世界が創造できるというもの。

立体化することで建築、グラフィックや装飾品などのデザインの可能性がぐっと広がる。実際には、プリンターというよりも絵を描くという感触に近い感じかもしれない。空間に絵を描く体験というのは、まさに私たちの空想をしのぐ領域になるかもしれない。

gigamen_LIX_pen02

クラウドファンディングでおなじみのKick starterにより、製品化され非常に人気が高いため、いくつかのモデルはすでにソールドアウトになっている。オリジナルの芸術作品を目指す人はぜひ1本。

 

動画を見る

記事元:GIGAMEN
参照元:LIX pen

この記事をシェア
0 0
記事のタグ