これが未来の自転車? Future Racing Bike

5466

一寸先は闇と言う言葉があるが、未来のことは誰もわからない。未来予想図等と言って予測を立ててみても、結局はわからないわけだ。もちろん手塚治虫先生のように数十年前に漫画で描いたことが現実に成るということもあるのだが。

gigamen_Future_Racing_Bike01

これが未来の自転車

Future Racing Bike」はヤンコデザインに投稿された「未来の自転車」である。何やらペラペラでちゃっちい感じがするが、人間工学に基づいて乗りやすさを追求した上、軽さと速さを意識してデザインしたそうである。

その軽さと速さは、将棋棋士の藤井猛九段の飛車のように軽く早く動くという。まさにファンタな自転車と言える。説明をよく見たら、未来のレーシングバイクと書いてあった

しかし、攻撃は良いけどいざ走ってみたら受けなし、もとい衝撃に耐えられるのかが気になるところだ。ぶつかって大破してしまうようでは、話にならない。

そのへんどうなってるのかと調べてみたが、明確な記述はされていなかった。後は野となれ山となれ、と言ったところか。事故を起こさなければ良いのだから。

参照元:Yanko design

この記事をシェア
0 0
記事のタグ