巨大トランプ1組が米Amazonで売れ続ける理由を探る

725
16.99ドル(約1800円)詳細ページ

まずまず実用的なパーティーグッズを探しているなら、今回紹介する商品の存在を知るのも悪くありません。縦37cm・横27cmという巨大トランプ1組『Giant Full Deck of Poker Playing Cards』が米Amazon.comで2年以上売れ続け、すっかりベストセラーになっています。

あなた以外の全員の度肝を抜けるはず。

高校の教室、大学の部室、一人暮らしの部屋に複数人が集まり、誰かが「トランプやりたいな」の一言を発したら、あなたは『Giant Full Deck of Poker Playing Cards』をテーブルや床の上に広げると良いでしょう。きっとあなた以外の全員の度肝を抜けるはずです。商品名に「Giant」の文字が含まれているカードの大きさは一般的なカードの15倍以上もあるからです。

筆者のおすすめトランプゲームはカード1枚の強さを競う「インディアンポーカー」。簡易ルールは次の通り。親が全員にカードを1枚ずつ伏せて配ります。参加者が自分のカードを見ることは御法度。配り終わったら、一斉に自分のカードを額に当て、他の参加者に見せます。ここからは心理戦。自分のカードの数字に自信が無ければ、カードを引き直せるので、状況は刻々と変化します。

ユニークなインテリアとしても使える。

『Giant Full Deck of Poker Playing Cards』で遊べるトランプゲームには、カードを1枚だけ持っていればいいインディアンポーカーの他、大富豪やババ抜きも含まれるでしょう。実際にAmazon.comにはその様子の写真がアップされています。一方、神経衰弱は不向きそう。54枚の巨大カードを縦6枚×横9枚で敷き詰めると、222×243cmにまで広がるからです。

Amazon.comのカスタマーレビューを見てみると、177人のレビュアーの8割以上が最高評価の5つ星を与えています。遊び慣れたトランプゲームを新鮮なものにするだけでなく、パーティールームの壁に張ったり、イーゼル型スタンドの上に置いたりすれば、ユニークなインテリアになることも高評価につながっているとみられます。

参照元:Amazon

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ