400psを叩き出すVWのゴルフR400プロジェクトは廃止?

1647
未定 詳細なし

400psを叩き出すR400に関しては、2016年にも生産されるとされていましたが、最近になってこの計画は破棄されたと言われています。

R400」はどんな車だったのかおさらいです

エンジンは「ゴルフR」の2.0ℓ直噴4気筒ガソリンエンジンで、最高出力は400ps/7200rpm、最大トルクは45.9kg-m/2000-6000rpmを発生。ゴルフRから、100psの強化で6速のMT常に前後輪に与える出力を調整することができハルデックス・マルチプレート・クラッチ4モーション4WDシステムで、現行ゴルフRのものをそのまま流用しています

パワー・トゥ・ウエイト・レシオは282ps/トン

車体のベースとなるのは3ドアのゴルフRで、フェンダーR400専用カーボンファイバー製スプリッターなどR400ならではのパーツが奢られている。ゴルフRより56kg軽量化され1420kgとなった車重によパワー・トゥ・ウエイト・レシオは282ps/トンに達し、ゴルフR」に比べて+78ps/トとなっている。R4000-100km/hタイムはゴルフRよりも1.0秒速く、3.9秒。A45 AMGからは1.0秒もの短縮になっています

400psは無駄にはしない

この高出力エンジンは今後他のVWアウディグループの他の車種に使用される予定であり、無駄にはならないと示唆しています。

 

記事参照元 Volkswagen Golf R400 project reportedly scrapped

この記事をシェア
0 0
記事のタグ