マツダ、 新型クロスオーバーの CX-4 を2017年に発売予定

2105
未定 詳細なし

マツダは425から開催され北京モーターショー2016において、新型クロスオーバーSUVCX-4を発表した。海外メディアもマツダの新しいクーペ風クロスオーバーSUV注目しています。

流行のクーペ風SUVスタイル

CX-4のボディサズは全長4633mm×全幅1840mm×全高15301535mm、ホイールベースは2700mmとなり、「アクセラCX-5」と共通のプラットフォームであることがわかります。そして194197mmの最低地上高ながらもルーフが低いクーペスタイルになっています。

切れ長のグリルアーチ型ガーニッシュと前に付き出したスタイリッシュなロアグリルエアロ トランクゲートガーニッシュも大胆にリヤコンビネーションランプと繋がっているようで、全高が低く抑えられた流行りのクーペSUV風のエクステリアが特徴となっています。

2.0L2.5Lのガソリンエンジンを搭載、日本仕様にはディーゼルも

今回発表された中国仕様「CX-4のパワートレインはガソリンエンジンSKYACTIV-2.5G SKYACTIV-2.0Gクリーンディーゼルが無いのが気になるが、日本仕様になれば当然 SKYACTIV-2.2Dが搭載されるはずですが、補助金の縮小などによるディーゼル離れの傾向もあるため、ガソリン車のラインナップを優先する可能性もあります。

また、マツダはミニバンを廃止し、SUV商品ラインアップを増やす方針を示しており、2017年導入予定の「CX-4」は、その第一弾になるようです。

記事参照元 Mazda reveals its Chinese exclusive CX-4

この記事をシェア
0 0
記事のタグ