Googleがクルマまで作ってしまった。

2142
未定 詳細なし

自動運転(セルフドライビング)を実験してきたGoogleの「セルフドライビングカープロジェクト」。ついに、完全オリジナルの自動運転自動車を作ってしまいまいました。そして、実際に人をを乗せて走行しているデモ走行の様子を動画で公開しています。

自動車メーカーの作るシティコミューターほどのレベルはあるゾ!

おなじみの空間センサーをルーフに掲げ、フロント中央にもセンサーらしき膨らみが見える、キュートな外観となっています。コンパクトなボディは二人乗りで、シートとスイッチ、そしてモニター画面だけのインテリアは意外にもルーミーな空間になっている模様。

そしてハンドルはなく、正真正銘の自動運転専用モデルです。 最高速が時速25マイル(約40km/h)のシティコミューターのようですが、 それ以上のスピードは誰も希望しないでしょう。

これは自動車?

運転席といったものがないので、パッセンジャーとなる乗員としては何もつかむものがないとなると、何をしていいのか、何を掴んだらいいのかが気になります。ひたすら前を観ているのでは、ジェットコースター同様のスリルは味わえるでしょうが。いっそフロントウィンドウは塞いだ方がいいでしょう。

この夏には100台のプロトタイプカーを運用する計画ということですから、Googleは本気みたいです。ところで、これは自動車という乗り物に分類していいのでしょうか?

最後にGoogleに注文を

すばらしいテクノロジーですが、サイバー攻撃、ハッキングなどによって、いとも簡単に乗員を誘拐したり、事故を起こさせることも可能なのでしょうか?まずはその辺の対策を完璧にしてからにしてほしいものです。デジタル空間のことではなく、人間を乗せるのですから。フリーズも勘弁してください。

動画を見る 

参照元:Techcrunch

この記事をシェア
0 0
記事のタグ