基礎代謝UP!階段ダイエットって知ってますか?

8948
未定 詳細なし

食事を我慢したり、お金かけたのにダイエットが成功しない。手軽なダイエットは片っ端から試したけど、いまいち効果が得られないという人も多いかと思います。筆者は若かりし頃、ダイエットとは無縁の生活と体型でしたが三十路を超え、食べた分だけお腹周りについてきてる感…。

運動する機会がないのに、日々食べていたら太るに決まっていますよね。ズボラな筆者でも、毎日苦痛なくできる効率のよいダイエット、普段の行動を少し変えるだけでOKなダイエットってないものか…と探してみました。

効率的に痩せるのに必要なことは?

30歳を過ぎると、毎年1%ずつ筋肉量が減っていき基礎代謝が落ちていき、痩せづらく、太りやすいからだになってしまうようです。

1日に必要なカロリーのうち、なんと70%は基礎代謝に使われているようなので、この基礎代謝が低い人は摂ったカロリーに余剰分がうまれてしまい、日々の食事の管理、カロリー計算を怠るとあっという間に太ってしまうということですね。

ですが、食事制限やカロリー計算なんて面倒だし苦痛で続かなそう…。効率よくダイエットするには基礎代謝にあわせて制限するのではなく、基礎代謝をあげてダイエットとは無縁の体作りをするのがベストではないでしょうか。

gigamen_stairs-exercise01

基礎代謝をあげる階段ダイエット!

基礎代謝をあげる為には、筋肉・骨・腸の細胞を活性化させることが必要らしいです。中でもやはり筋肉がキーとなるようですが、自宅で筋トレや、ジムに通うなど本格的な運動は、急には難しいのが現実ですよね。どこか痛めてダイエット断念なんてことになりかねません。

普段の行動で以外と筋肉を使っているのが、階段だそうです。階段をのぼる際に使う筋肉は、お尻の「大臀筋」と、太ももの「大腿筋」という大きな筋肉で、水泳やランニングで使う筋肉と同じです。この大きな筋肉を使っている為、1日たった5分階段を登るだけでかなりの運動量になるようです。

地下鉄のホームから改札までとか、オフィスや飲食店の入ったビル、デパートなど、普段当たり前にエレベーター・エスカレーターで行動してる部分を全て階段に変えたとしたら、私達の運動量は劇的にかわるでしょう。

車や徒歩で通勤されてる方はなかなか難しい方法ですが、運動不足、運動が苦手という方は、階段を使うという少しの意識改革と行動で、地道に基礎代謝をあげて、太りにくい、痩せやすい体質を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ