太陽の光に当てるだけでさまざまな調理が!燃料要らずのポータブル調理器

3403
~$40,000詳細ページ

太陽光発電技術者のパトリック・シャーウィンさんは、クラウドファンディングサイトの「Kickstarter」で、ポータブル太陽熱調理器「GoSun Stove (ゴーサンストーブ)」の生産・販売を目指して資金調達を実施中(10月27日まで)。アウトドアで大活躍の予感漂う調理器について探っていきます。

ユニークな形状のGoSun Stoveの使い方は至ってシンプル。いくつかの準備(太陽の光が当たるように設置、予熱など)を済ませ、真空ガラス管の中に食材を入れるだけ。ガスボンベなどの燃料を使うことなく、「焼く」「ゆでる」「揚げる」といった調理が可能です。

調理器の重要な部分である真空ガラス管は、太陽光に当てると中の温度が食材を十分加熱できるまでに上昇します(真空には熱を逃がさない効用も)。なお、この仕組みは太陽熱温水器と同様で、日本の寺田鉄工所(広島県福山市)は実用化に成功しています。

「Kickstarter」での資金調達目標額(4万ドル)は既にクリア。シャーウィンさんのチームはGoSun Stoveの生産に動き出し、資金をサポートした人は支援額に応じた商品(79ドルでミニストーブ、219ドルでゴーサン・ストーブなど)を受け取れます。興味のある方は専用ページにアクセスしてみてください。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ