世界最先端の空港ができるのは、アメリカじゃない

1878

ダラス・フォートワース国際空港やインディアナポリス国際空港などを設計した超一流の設計事務所HOK(Hellmuth, Obata and Kassabaum/ヘルムース・オバタ・カッサバウム)が手掛ける、世界最先端の空港が近々オープンする。設計事務所HOKの建築家、エンジニア、プランナー、ランドスケープアーキテクト、インテリアデザイナーが2004年から総力を結集して作り上げたこの空港には、2万5000平方メートルのショップエリア、100室を備えた2つの五つ星クラスのホテル、ヘルス・スパ、3431台分の駐車場、約2000平方メートルのイスラム教寺院などが組み込まれている。

空港の運営責任者が「ひとつも妥協しないで作り上げた、世界に類を見ないハイ・スタンダードな施設」と自信を持って言い切るこの空港の所在地は、もう気づいている人もいるかもしれないが、中東の国だ。ペルシャ湾に面したアラビア半島にある国、カタールの、「ハマド国際空港 (Hamad International Airport)」がその名前。

世界の航空史の中で最も画期的な空港となるだろう、と専門家の間で囁かれているハマド国際空港 (Hamad International Airport)の、未来的な景観と洒落たインテリアを、オープン前にとくとご覧あれ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ