デジタル時代への反抗が、カッコいい

1851
¥399,000詳細ページ

ヒーローというものは、多かれ少なかれ反抗的な部分を持っている。私の好きな映画マトリックスのネオは、コンピュータがコントロールする社会そのものに反抗しているし、踊る大走査線の青島は警察組織の枠に反抗している。流されて楽な道を選ばない、それがヒーローのカッコよさなのだ。それならば、このLongines Master Collection Retrograde Moon Phases Watch (ロンジン マスターコレクション レトログラード ムーンフェイズ)にも、ヒーローのカッコよさがある。

スイスの老舗ロンジン社から出ているLongines Master Collection Retrograde Moon Phases Watchのデザインは、モロに時代に逆行している。文字盤は針だらけ。シャレたデジタル表示などひとつもない。時刻はもちろん、日付も、曜日も、世界標準時も、秒数も、全て古い自動車のメーターのよう針で指し示すようになっている。見て、どうだい? 無骨だろう? アナログだろう? でもそこに、デジタル時代への反抗が見えてこないかい?

こんなLongines Master Collection Retrograde Moon Phases Watchをはめてサマになるのは、胸の内に反抗心を秘めたヒーローだけだと私は思う。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ