運転しながら健康チェック、進化する技術

826

忙しい毎日に追われて健康の管理ができない、でも健康でありたい。車で通勤など移動をすることがある人になんとも画期的なシステムが現在開発されている。BMWと共同で開発に携わっているドイツのミュンヘン工科大学の研究者らは、現在、走行中のドライバーのクイック健康チェックができる、ステアリングホイールに組み込まれたセンサーシステムの開発をさらに進めている。
ミュンヘン工科大学 の研究の目的はこのシステムにおけるさらなる進化だ。例えば、運転者の気分が悪い時などを察知できるようにし、ストレスを感じた時には電話を着信拒否に変えたり、ラジオのボリュームを自動で下げてくれたりする。さらには、突然の発作や体の深刻な異変を察知し、自動で警告ライトを点灯し、速度を下げたり、緊急停車までできるようにしたいと話している。これらが将来一般的に使われるようになったら、健康チェックが気軽に行えて、突然の発作により車の操作不可能な状態になった時などの様々な事故を防いでくれる。高齢者の方にとっても安心して運転することができるようになるだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ