世界一やかましいサイクルホーン

2390
約64万円詳細ページ

並走する車やトラックなどに何度も危ない目に遭わされたロンドンのサイクリストが、世界一やかましいサイクルホーン「ホーンスター(The Hornster)」を作り、話題になっています。

これはサイクリストが死亡した事故の半分にトラックが関係しているといわれるロンドンで、サイクリストで発明家でもあるヤニック・リードが、環境と交通の問 題に取り組むイギリスのNPO「the Environmental Transport Association」と共同で開発したもので、オランダ製のタウンバイクにアメリカの機関車の空気笛(エアホーン)を載せたもの。

ホーンを鳴らすのにはスキューバダイビングのエアシリンダを使用。音量は驚異的な178dBを発生。電車が通過するときのガードの下が100dB、一般的なトラックのホーンが110dB、F14戦闘機のエンジンの近くでさえも130dBというのですから、このホーンスター(The Hornster)がいかにやかましいか、数字だけみてもおわかりいただけるかもしれません。

リードが「自転車に注意を払わないドライバへのモーニング・コール」とたたえるこのホーンスター(The Hornster)、タウンバイク込みでお値段は4,995ポンド、日本円にして約64万円だということです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ