3台同時は序の口! 心地よい目覚めに一役買うワイヤレス充電台

1704
99ドル(約1万900円)~詳細ページ

新しいアイフォーン、エアポッズ(ワイヤレスイヤホン)、アップルウオッチを夜中にまとめてワイヤレス充電でき、朝が来たらアラームとライトで気持ちよく起きられます。米国発のワイヤレス充電台『HyperCube』の商品化プロジェクトが5月、クラウドファンディングサイトで公開されました。

ワイヤレス充電台にLED時計とLEDライトが。

十字型に連結している5枚のパネルからなる『HyperCube』。そのうち3枚のパネルはQi規格のワイヤレス充電パッドになっていて、3台もの個人用電子機器をケーブルに繋がなくても充電できます。残り2枚のパネルの正体はLED時計とLEDライト。ユニークなデザインのワイヤレス充電台は気持ちよく起きられる音と光を出す“ハイテクアラーム”の役割も果たします。

『HyperCube』はほぼサイコロ型のパワーバンクと、十字の真ん中を除く4枚のパネルを45度に傾けて置けるスピーカーベースを組み合わせることで、使い方の幅が広がります。5枚のパネルからなるワイヤレス充電台にパワーバンクをかぶせれば、ケーブルもコンセントも完全不要に。Bluetooth対応のスピーカーベースからはパワフルな音を流すことができます。

ただのワイヤレス充電台ではないのが、高い人気の理由。

24時間もかかりませんでした。商品化プロジェクトがクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で目標額の1万ドルを調達するまでに。スマホなどの個人用電子機器を充電する際の煩わしさ。それを解消した上で更に便利さをもたらしてくれるワイヤレス充電台に魅力を感じたユーザーの数は5月24日現在、343人となっています。

参照元:INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0
記事のタグ