食べ物の妄想だけで体重増加!?肥満度と想像力のメカニズム

1412
未定 詳細なし

お腹が空いたら「何食べよう」とか「今日はあのレストランに行こう」とか考えるのは、ほぼ生理現象のようなものですよね。今日はハンバーグにしようと決めて、ジューシーな肉汁、香ばしい香りを想像してしまい更にお腹をグーグー鳴らしているあなた!その妄想グセ、キケンです。

想像力=肥満度!?

アメリカ・イエール大学の研究者が驚くべき実験を行った。食品の香りを鮮明に想像できる人の肥満度(BMI)を計測するというものだ。気になる結果は、想像力豊かな人は肥満度も高いという…!

理由はまだ研究途中だが、研究者によれば想像力が食欲を刺激し多く食べてしまうことで肥満度と比例すると推測されている。

gigamen_Imagination_Making_fat01

また、別の実験では被験者にトースト、ビスケット、ポップコーンなどいくつかの項目の味・臭いを想像させ、心のイメージを評価。その結果も同じように、BMIと想像能力に関係性があることが判明したのだ。

ちなみに、食品以外のものへの想像力は関係が無いという結果も得られている。

漫画のワンちゃんのように肉を見て唾液をダラダラ流してしまうようだと、肥満傾向なのかも?かといって空腹時の想像は止まりませんよね。なるべく見ない、考えないようにすることがダイエットへのスタートだ!

参照元:Dailymail UK

この記事をシェア
0 0
記事のタグ