印LCC、ベンガルール・ムンバイ発着の国際線を拡充へ 3・6月

794

新型コロナウイルスの問題が終息したら、格安航空会社(LCC)のフライトで海外から海外に行ってみませんか。インドのインディゴ(IndiGo)は3月29日からベンガルールとサウジアラビアのジッダを結ぶ路線、6月25日からムンバイとネパールの首都カトマンズを結ぶ路線を開設します。

ジッダ・カトマンズを目指す旅行者の選択肢が増える

3月現在、ベンガルール=ジッダ直行便を運航するLCCは存在しないので、インド南部の大都市からサウジアラビアの商業の中心地への移動時間も旅費も節約したい旅行者にとって、インディゴの進出は嬉しいニュースです。しかも毎日運航されます。ベンガルールからスキューバダイビングの名所でもある港町までのフライト時間は6時間です。

ムンバイ=カトマンズ間を運航している航空会社は3月現在、ネパール航空しかありません。新たにインディゴが進出することで、ネパールの空の玄関口であり、ヒンドゥー教と仏教の聖地でもあるカトマンズを目指す旅行者の選択肢が増えます。便数はベンガルール=ジッダ間と同じく、1日1往復。フライト時間は2時間40分です。

見出し: 世界のLCCランキング最新版で何位にランクイン?

インディゴはインド国内63地点・国外24地点に乗り入れています。航空業界の格付け会社である英国のスカイトラックス社が発表した「世界のLCCランキング2019年版」で第8位にランクインしています。

新型コロナウイルス感染者の増加、日本からの入国を制限する国の増加が伝えられている現状では、海外旅行をしたくてもできないと思います。感染が一日も早く終息することを願うばかりです。そして今回の記事を読んでくれた人の頭の片隅に「インディゴ」「ベンガルール」「ジッダ」「ムンバイ」「カトマンズ」といった単語が残れば幸いです。

参照元:IndiGo

この記事をシェア
0 0
記事のタグ