世界初‘LED電球本体’をスマホからもリモコン操作可能に

1949

電気を省エネにしたいと思えば、「LED電球」を頭に浮かべる人は多いだろう。

1時間当たり60W相当の電力を消費する白熱灯と同じ明るさを出すのに、LEDなら1時間当たり7.5W相当の電力ですむ。およそ1/71/8の節電になり、エコにもなり、寿命も白熱灯に比べ約40倍。これからの電球は、LEDが主流になるだろう。

実はアメリカのINSTEONが、その LED電球本体をリモコンで操作可能にした。無料アプリのダウンロードをすれば、スマホからも操作可能とのことだ。

付け替えもいたって簡単で、INSTEONLED電球に交換し、リモコンでリンクさせるだけ。筆者の家も電気をリモコンで操作できるが、電球自体をリモコン操作可能にしたのは世界初だ。

リモコンやスマホで簡単に操作できれば、面倒なく気軽に電気のオンオフができる。LED電球本体だけでなく、動作的にも節電に繋がるだろう。価格は$29.99となっており、今のところアメリカ限定で11個の販売だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ