行かずに死ねるか!自転車で世界を旅した男の物語

1008

行かずに死ねるか!」は1996年から2002年の7年間、自転車で世界一周した男の物語を余すことなく本にまとめたものである。無謀な旅に出かけた男の名は、石田ゆうすけ。テレビ番組のバックアップも無く、誰が得するわけでもない。自分との戦いを選んだ彼の物語である。

平穏な世の中に嫌気がさしている人間も居れば、ブラック企業に身を置き、社畜と化している人も居る。人間なら、一度は自分を変えたいと思う事があるだろう。石田ゆうすけ氏もその一人だったようだ。平穏無事な環境、運命を変えるべく彼は自転車で世界一周することを思いついたそうである。今や人気司会者となった有吉のように、テレビのバックアップがあったわけでもなく、本当に一人で旅に出た。

自転車世界一周は、想像以上に厳しいもので、様々なトラブルに遭遇や出会い、別れなどがあったようだ。石田ゆうすけ氏が体験した演出ではないガチンコな旅の様子がこの行かずに死ねるか!にまとめられている。ルートはアラスカを出発し、北米、南米と渡り、ヨーロッパ、アフリカを抜けユーラシア大陸を抜け日本に戻ると言うルートである。

ガチ旅行をまとめた行かずに死ねるか!は、自分を変えたいあなたに必見である。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ