ジャガーFタイプを”ツールドフランス”仕様にすると…

4689
未定 詳細なし

ジャガーがツールドフランス仕様の自転車を造って出場するのも興味深いですが、今回はサポートカーとしての出場です。

ジャガーがサポートしている自転車ローレースチーム、「チームSKY(スカイ)」のサポートカーとして製作したワンオフのコンセプトカーがこの「ジャガーFタイプRツールドフランスコンセプト(Jaguar F-Type R Coupe Tour de France Concept)」です。

gigamen_Jaguar_F-Type_R_Coupe_Tour_de_France_Concept01

多少無理っぽいけど、見事にサポートカーとしての機能を備えている

ベースは5.0LV8スーパーチャージャー装備の「ジャガーFタイプRクーペ」。チームSKY(スカイ)のチームカラーであるブラックとブルーのボディーカラーの車体には、ルーフ(というよりほとんどリアガラス上)に自転車の搭載が可能になっており、戦車との通信するための無線機材などの装備が備わっている。

gigamen_Jaguar_F-Type_R_Coupe_Tour_de_France_Concept02

「気を付けろ高級車だぞ!自転車で傷つけるなよ!。」「監督!仕事しづらいです。!」

という声が聞こえてきそうなサポートカーですが、目立つのは間違いないので宣伝効果は抜群でしょう。考えてみると、低いルーフと緩やかの傾斜のリアゲートなどは、意外に自転車を積載しやすいのかもしれない。今度は同じクルマでロードスター」をベースにしてはどうでしょうか。より目立つと思います。

「監督!狭すぎます!」「贅沢言うな、君より自転車優先なのだ。!」となるかも。

参照元:GT Spirit

この記事をシェア
0 0
記事のタグ