初心者からコアなバイクファンまで魅了するZ250

3760

コアなファンが多いカワサキから、今年の初夏、ニューモデルバイクが登場している。見た目の評判は上々、機能の方を見てみると初心者でも乗りこなせるよう配慮されているのがうかがえる。

今回は長年のカワサキファンから初心者まで、幅広く乗りこなせるニューモデルを紹介しよう。

gigamen_Kawasaki_Z250_ABS01

注目のニューモデルカワサキZ250。スリッパークラッチ標準装備

スリッパークラッチ&ABSが標準装備されたカワサキ新型「Z250 ABS」。250CCでこの機能がついてたら御の字と言ったところか。見た目も良いうえ、使い勝手もよさそうなので、バイク初心者や、普段使いにはちょうどよいモデルと言えるだろう。

元々クラッチが軽い250にスリッパークラッチは必要はないのでは?という見方もあるが、このモデルは初めてバイクを購入するという層に人気のあるモデルでもあるので、メーカー側の配慮がうかがえるだろう。

ABS機能も、まさしくこれからバイク乗りになろうという人の練習には大活躍してくれるのではないだろうか。ただ、このビジュアルだと、4気筒であってくれれば筆者としてはうれしい。

2気筒が主流のようで最近めっきり見なくなったが、4気筒のあのエキゾーストノートが懐かしく感じる。

gigamen_Kawasaki_Z250_ABS02

ベースはニンジャのストリートファイター

このカワサキZ250 ABSのベースはニンジャ。近年、人気上昇を続けているニンジャモデルのメカニックをベースに作られたので、パフォーマンスは上々のはず。250にしては贅沢な走りを体感できるモデルとなっている。

話題の中心はやはり見た目

このモデルの話題に必ず出てくるのは見た目。まさにストリートファイター、攻撃的なフロントフェイスに流れるようなボディラインがファンの話題をかっさらっている。

試乗レビューなどを見てみると、細部などの作り込もよくできているようで、一度乗ってみたいモデルと言えるだろう。外見が良いことは、バイク乗りにとっては重要項目の一つであるが、その点での文句は付けようがない。

参照元:BIKE JET

この記事をシェア
0 0
記事のタグ