服に留める!大自然でのスマホ損傷・紛失を防ぐハーネスが登場

1269
13ドル(約1400円)~詳細ページ

海や山といった自然に頻繁に出かける人、まもなくやってくる冬に雪山やスキー場を訪れる予定がある人は必見。スマホの落下・損傷・水没・紛失を防止できるリード付きハーネス『KOALA』の先行販売プロジェクトが9月、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で公開されました。

どんな場所でも安心してスマホを使える。

『KOALA』はスマホを包み込むハーネスと留め金付きリードからなり、チューインガムみたいに伸びるハーネスをスマホの四隅に装着し、どんな布地もしっかり噛む留め金を服などに取り付けて使います。自然の中でスマホを操作しようとした時、うっかり手から離したとしても、伸び縮みするリードが「身近な高級品」の損傷、水や雪の中への沈没、紛失を防ぎます。

大自然に繰り出す前、スマホにリード付きハーネスを装着し、バックパックのバックルから先のベルトなどに取り付けると良いでしょう。草木が生い茂る山道、スキーリフトやボートの上、あるいはロッククライミングの最中であっても、スマホを落とす心配を一切することなく、迫力ある写真を撮影できます。ハーネスは背面カメラのレンズを遮らない構造になっています。

色は赤・青・黄・灰色の4種類から選べる。

最大約120cmまで伸びるリードを手首に巻いて留めれば普段使いも可能な『KOALA』の先行販売プロジェクトは9月下旬現在、4100人から11万5000ドル(約1240万円)を調達しています。アップル、ソニー、ノキア、サムスン、グーグル、LG、ファーウェイのスマホに装着できるリード付きハーネスはレッド、ブルー、イエロー、グレーから選べます。

参照元:INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0
記事のタグ