「ランチアデルタHFインテグラーレ」が340馬力になって復活!

3054
未定 詳細なし

ラリーで大活躍した名車「ランチアデルタ HFインテグラーレ16Vエボルツィオーネ」が、「Automobili Amos」によって蘇りました。

「HFインテグラーレ16Vエボルツィオーネ」は、ランチア デルタを改良し、パワートレインも強化されたモデル。そのパワートレインをオリジナルの210psから340psまでチューン。まさに現代版3ドア・ホットハッチに生まれかわることになりました。

さらに、フロントのバンパー、フード、および全体がカーボンファイバーで作られているので、車重を低く抑えることができ、トランク、リアスポイラー、バンパーは同じ軽量素材でできています。また、エンジンカバーはカーボンファイバー製。また、フロントシート、アルミペダル、特注のドアパネルが完備され、これらの軽量化対策で重量は1,250キロに過ぎません。

今日の自動車が激しくコンピュータ化された自動車の中で、「純粋でアナログの生の必須」の自動車を販売するという「Automobili Amos」のビジョンでもあります。残念なのはあのマルティニカラーでないことぐらいでしょうか。

参照元:mortor1

この記事をシェア
0 0
記事のタグ