集中力回復を助ける! 砂が落ちる時間を調節できる砂時計が登場

734
100ドル(約1万1000円)詳細ページ

仕事を効率的にこなし、生産的になるのを助ける道具です。米ベストセルフ社(BestSelf Co.)は8月下旬、砂が全て落ちる時間を調節できる砂時計『テンポ(Tempo)』の商品化プロジェクトを米クラウドファンディングサイト「キックスターター(Kickstarter)」で立ち上げました。

仕事時間25分、休憩時間5分をきっちり計れる。

仕事をはかどらせたり、アイデアを生み出したりするには、集中力を必要とする仕事時間を小分けにし、頭をいったん休める時間を適時設けて、集中力を回復するのが良いとされています。ベストセルフ社は、25分仕事に集中して5分休憩することを基本とする「ポモドーロテクニック」に強い影響を受け、『テンポ』を生み出しました。

『テンポ』は真ん中にダイヤルがあり、5分・15分・25分の中から「仕事に集中する時間」や「休憩する時間」を設定できます。休憩は大切です。というのも仕事でパソコンの画面を見続けていると、目の疲れや肩こりなどが生じるからです。砂時計で時間を計ることにより、スマホでタイマーをいちいちセットしなくて済むというメリットもあります。

仕事を効率的にこなして生まれた時間で…

一気に砂を全て落とせるリセット機能も備える『テンポ』の商品化プロジェクトは公開からわずか2時間で成立。調達額は9月17日現在、7万7000ドル(約862万円)に達しています。仕事を効率的にこなして生まれた時間と砂時計を利用し、スマホをダラダラ見るのを止めて、読書やヨガを始めてみませんか。1日5分と決めて毎日続ければ、有意義な活動が習慣になるでしょう。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ