食べ残しを無くせ!勿体無いを防ぐアプリが凄い

1045

食べ残された料理を見るのは、実に嫌なものでです。しかしレストランで出てきた食べ物を「もう食べられない」と言って残してしまっているのも事実です。残した料理は、当然廃棄されます。ジレンマを感じてしまいますね。このジレンマは、良識のある人ならば一度は経験しているのではないでしょうか。「勿体無いから食べよう」と無理に食べてしまい、太ってしまう場合もあります。なんとも贅沢な悩みですが、これが現実のようです。

アメリカの「LeftoverSwap (レフトオーバースワップ)」と言う会社が、このような食物の大量廃棄を撲滅しようとスマートフォンアプリを開発しました。食べ残し共有アプリLeftoverSwapです。食べ残しをしたユーザーがスマートフォンで食べ残しの写真と位置情報をLeftoverSwappに公開し、連絡を待ちます。食べ残しを食べることを希望するユーザーは、マップから情報を検索し、連絡を取ります。そして、食べ残しのある場所に向かうのです。

LeftoverSwapは、このシステムにより食べ残しの廃棄を防ぎ、肥満も防ぐ事が出来、食べることに困っている人々を救済出来ると発表しています。食べ残しを食べることに抵抗がある人や、犯罪の温床になるのではないか、食べることに困っている人がiPhoneを持っているのか、など課題も多いシステムですが、有効利用すれば大量廃棄社会に待ったをかけることができるかもしれません。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ