レゴに新たな可能性 もはや子供向けではない!

3835

様々なブロックを組み合わせて遊べるおもちゃ「レゴブロック」。世界中の子どもたちから親しまれている定番の玩具だが、このレゴブロックに無線LANやUSBなどを組み込むことのできる小型コンピューターモジュールMicroduino mCookie」が開発された。

ファンディングサイトのキックスターターでは4万ドルのゴールが設定されていたが、残り約1ヶ月を残してすでに4万6000ドルの資金が集まっている。

gigamen_LEGO_Microduino_mCookie01

豊富なモジュールの種類が魅力

モジュールの種類はひじょうに豊富だ。CPUを搭載するコア部分に無線LAN、NFC、USB、microSDカードスロット、Bluetoothといった入力用インタフェースにGPSや音源もモジュール化されている。それぞれ大まかな役割によって赤・青・黄・緑に色分けされておりとてもポップで可愛い印象だ。

モジュール同士はバネによって伸縮する可動型のピン、「ポゴピン」によって接続できるが、モジュールの四隅にも磁石が仕込んであり簡単に繋げることができる。また、接続の向きが間違っている場合はこの磁石同士が反発するために失敗を防ぐ効果もある。

gigamen_LEGO_Microduino_mCookie02

レゴブロックとの互換性で楽しさアップ

Microduino mCookieの最大の特徴はやはりレゴブロックとの互換性にある。街や乗り物、ロボット等など想像力をそのまま形にできるレゴブロックにこれらのコンピューターモジュールを組み込むことができれば更なる楽しさが広がることは間違いない。

レゴブロックが誕生したのは1953年。今から62年も前のことである。親子二代や三代でレゴブロックファンという家庭もあるだろう。レゴは世代を越えてますます進化する。

参照元:IT MediaMicroduino mCookie(Kickstarter)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ