1923年製のライカの試作機

1579
2億1690万円詳細ページ

ウィーンのギャラリー・ヴェストリヒトで行われたオークションで、1923年に作製されたライカのプロトタイプ(試作機)が、過去最高額の216万ユーロ、日本円にして2億1690万円という高値で落札されました。

出品されたライカは「ヌル・シリーズ」もしくは「ゼロ・シリーズ」と呼ばれる機種で、世界で初めて35㎜のフィルムを使用、後のライカAの元となる、当時としては革新的なカメラでした。
プロトタイプは全部で25機、作製されましたが現存しているのは12機。

12日に行われたオークションでは、60万ユーロを入札予想額とし、その半分の30万ユーロから競売を開始。結局、予想額から180万ユーロも高い216万ユーロで、ハンマーが打たれました。落札者の詳細などはわかっていません。
なお、これまでの最高額も同じくライカの「ヌル・シリーズ」で、落札額は132万ユーロ、日本円で1億3250万円でした。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ