フェラーリ史上最速!F12 ベルリネッタ

1132

1947年のフェラーリT25Sを皮切りに数々のスーパーカーを生産してきたフェラーリに史上最速のフェラーリが登場する。その名は「フェラーリF12ベルイネッタ(Ferrari F12 Berlinetta)」だ。フェラーリF12ベルリネッタはV型12気筒エンジンを搭載し最高出力 740馬力、70.3kgmの最大トルクを叩き出す。さらに燃費も先代599から向上し、CO2排出量も65g/km削減されている。速さとエコを兼ね備えた現代にふさわしいスーパーカーなのだ。

流線型のボディにはイタリア・スカリエッティが新開発のシャシーとボディ が使用され、先代599より70kg軽量化させることに成功させた。

最強のエンジンと徹底した軽量化により最高速度340km/h、0-100km/h加速3.1秒のスピードを実現させる事に成功。 0-100km/h加速3.1秒のスピードはフェラーリ史上最速値だ。

名だたるフェラーリの中でも最強の暴れ馬である フェラーリF12ベルイネッタ(Ferrari F12 Berlinetta)。最強の走りを一度は体感してみたいものである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ