美しきブルー!オパールブルーのレクサス

1945

今年1月の北米国際自動車ショーで初公開されたレクサスのハイブリット・スポーツクーペコンセプトカー「LF-LC」。初公開から9ヵ月後の10月、オーストラリア国際モーターショーでLF-LCの第二弾、「LF-LCブルー」が公開された。

その名の通り鮮やかなブルー。このブルーはオパールをイメージしてカラーリングされたもので、「オパールブルー」と命名されている。オパールはオーストラリアの特産品で、今回のオースラリア国際モーターショーに華を添えた形だ。LF-LCブルーの美しきブルーはオパールにも負けずとも劣らない、妖艶な輝きを放っている。

LF-LCブルーと同時にLF-LCシリーズに搭載されるハイブリッド・パワートレインの内容も一部発表となっている。アトキンソンサイクルエンジンと高出力二次電池バッテリーを組み合わせたハイブリッド・エンジンを採用し、最高出力は507psになる予定だそうだ。

レクサスはLF-LCシリーズを「今後のスポーツクーペの方向性を示す一台」と位置づけており、これからの展開が注目されている。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ