ロンドンのタクシーがホテルに?

695
6500円(1泊) 詳細なし

オリンピック開催中のロンドンには世界各国の報道関係者、オリンピックを一目見ようと集まったファンなどがホテルなどの宿泊施設に宿泊しています。その為ホテルはどこも満室で、予約が取れない状況です。また、空室でも通常料金よりかなり高額となっているようです。

そんな状況をビジネスチャンスに変えたのが、ロンドンのタクシー会社「ブラック・キャブ」のタクシー・ドライバー「デビッド・ウィークス」氏。後部座席をベットルームに改造し、「ホテルタクシー」として1泊6,500円で営業を開始しました。

ロンドンではオリンピック開催期間中、五輪専用レーンが設けられている為ロンドンの道は大渋滞となっているのだそうです。その為タクシーは儲からず、商売上がったりの状態が続いているそうです。

そこで登場したのが、ホテルタクシーと言うわけです。日本のタクシーよりもロンドンのタクシーは車内が広く、寝るだけなら十分です。ちなみにトイレはデビッド・ウィークスさんの家のトイレを貸してくれると言う事です。これからハンマー投げの室伏選手や、マラソンを応援しに行きたい!と言う人は、このタクシーに泊まるのも良いかもしれません。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ