マグナ、ハイブリッドスポーツ「MILAプラス」をワールドプレミア

1070
未定 詳細なし

カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー で、「商品を持たない自動車メーカー」とも言われるマグナ・インターナショナルが、ミッドシップ2シーターのハイブリッドスポーツ「Milaプラス(Mila Plus)」をワールドプレミアした。

商品を持たない自動車メーカーによる技術アピールの為のコンセプトカー

Mila「Magna Innovation Lightweight Auto」は、軽量化のための提案をおこなうコンセプトモデルのシリーズ名。その最新作がMilaプラスだ。軽量化だけでなく、最大限の動力パフォーマンスと最小限の環境負荷を両立させるコンセプトとしている。

gigamen_Magna_Steyr_Mila_Plus01

自慢の技術てんこ盛り

また環境への配慮を重視したテクノロジーを採用し、アルミによるスペースフレームはモジュール化されていて、複数種類のドライブトレインへの対応が可能。

フレームはボルト結合や接着など、複数の非加熱接合技術が組み合わされている。EVやPHVでは電池をフレームに統合させフレーム剛性がさらに向上する構造となっている。

鮮やかなイエローのボディは全長4403mmという比較的コンパクトなサイズで、インテリアは高効率でリサイクル可能な素材を使っているという。

パワートレインは3気筒ガソリンエンジンを搭載し、合計2個のモーターを持つ4輪駆動となる。車体重量は1520kgに抑えられ、EVモードでは75kmの走行が可能になっているという。

gigamen_Magna_Steyr_Mila_Plus02

参照元:autoblog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ