ロータリーエンジン復活へのカウントダウン ?ロータリーエンジンの特許を申請!

1560
未定 詳細なし

マツダが新型ロータリーエンジンの特許申請

マツダが北米にて新しいロータリーエンジンの特許図面を申請し、海外メディアの注目を集めています。これによると最後の市販ロータリーエンジン搭載車であるRX-8に採用されていた「13ロータリーエンジンよりも排気量が23%大きくなっているようです。もちろん高性能ターボチャージャーの装着も前提とされており、おそらく400馬力は出るのではと予想されています。

マツダのエンジニアにとって、ロータリーエンジンというのは特別な存在。世界一の圧縮比を実現したスカイアクティブ・ディーゼルエンジン「SKYAKTIVD」をつくり上げたマツダが、スカイアクティブ・ロータリーエンジン「SKYAKTIVR」を完成させたとしても驚くことはありません。

また、昔から水素燃料とロータリーとの組み合わせは有利といわれており、トヨタとの提携によって水素ロータリー研究開発も一気に進む可能性もあるため、にわかにロータリー復活の可能性に現実味が出ています

2017年はマツダのロータリーエンジンにとって記念すべき50周年!

市販化については何らアナウンスはされていませんが、2017年はマツダのロータリーエンジンにとって50周年を迎える特別な年。ここに合わせ何らかの発表がある可能性が高いのです。 量販車というよりも、高額なスーパースポーツとしての復活なら可能性があるかも知れません。

参照元: automobilemag.com

この記事をシェア
0 0
記事のタグ