夏の野外を快適に!蚊よけ・ライトとしても使える携帯扇風機が人気沸騰

876

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

60ドル(約7400円)~詳細ページ

夏の野外を快適に過ごしたい方にとって興味深い新製品をご紹介します。香港発、携帯扇風機と蚊よけとライトと非常用電源が一つになった「MAX COOLER」の先行販売プロジェクトが今春、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で成立しました。

大型だが、持ち運びやすいようにハンドルが付いている

航空機のエンジンにヒントを得てデザインされた「MAX COOLER」の大きさは24×25×35cm、重さは870gで、楽に持ち運べるようにハンドルが付いています。使いやすさにもこだわっており、ファンの反対側には各機能+タイマーのボタンがマーク付きで配置されています。

大型ながら持ち運びやすい携帯扇風機は夏の野外でじっと座っている時、例えば釣りをしている時などにそばに置いておくと、快適に過ごせます。風速は4段階から選ぶことができ、最大風速の5mはなかなか勢いがあります。扇風機の使用可能時間は3.5~12時間です。

蚊よけは直径3mのバリアを18時間も形成できる

「MAX COOLER」のライト機能を見ていきます。扇風機のファンの中心にライトは埋め込まれており、明るさは4段階(50~350ルーメン)から選べます。ライトの使用可能時間は9~25時間です。ハンドルを上手く活用すれば、テントの中が真っ暗になることを防げます。

見た目がクールな携帯扇風機を蚊よけにするにはファンの反対側に別売りの専用パッドを入れるだけです。アウトドアモードなら直径6mのバリアを8時間、キャンプモードなら直径3mのバリアを18時間も形成できます。アウトドアを蚊に邪魔されたくない方には魅力的な機能です。

見出し: バッテリー容量は9600mAh。いつか日本に?

「MAX COOLER」は一般的な携帯扇風機よりずっと大きい分、超大容量の9600mAhのリチウム電池を内蔵しており、iPhone 13なら2.5回分充電できます。扇風機・ライト・蚊よけとして使っても、スマホの充電切れを防ぐだけのバッテリーは十分残りそうです。

もしライトやモバイルバッテリー(非常用電源)をアウトドアに持ってくるのを忘れても、それらの代わりになる携帯扇風機を開発したFLEXTAILGEAR社は、日本での販売実績もあります。もしかしたら将来的に「Makuake」などで購入できる日が来るかもしれません。

<参考元>Indiegogo

 

この記事をシェア
0 0

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

記事のタグ