「マツダBT‐50」スーパーカーもいいけど、こいつもいけてる!

8613

これはマツダのピックアップトラックBT-50」。タイ王国で生産され、デビュー当時からそのスタイリングが受けており、販売実績も急上昇中らしい。

といっても、日本国内では販売されていないので、タイやオーストラリアでの話だ。現行モデルが発表されたのも2010年の「オーストラリア国際自動車ショー 」でした。

gigamen_Mazda_BT-50_01

欲しいと思わせるデザイン

BT-50は、従来のピックアップトラックのイメージを覆す、モダンで洗練されたフォルムを実現した“アクティブ ライフスタイル ビークル”として登場し、ファミリーユース、ビジネスユースやレジャーユースなど幅広いユーザー層に向けて開発された。

フロントフェイスはどこかで見たような・・そう、先代の「デミオ」顔なのである。いや、「デミオ」よりカッコイイ。

gigamen_Mazda_BT-50_02

若者の自動車離れを食い止めるのは、これだ!

日本国内では、様々な規制があるため、ピックアップトラックを乗用車として仕様するのは、事実上困難であり、商用車としても、より積載出来るキャブオーバー型が主流になったため、国産各メーカーも自社のラインナップには加えなくなってしまった。

が、低迷する国内の自動車市場を活性化させる次のムーブメントは、こんなスタイリッシュなピックアップトラックかもしれません。

日本のメーカーも実は、海外で素晴らしいデザインのピックアップトラックを販売している。日産なら「NP300ナバラ」、三菱は「トライトン」、いすゞの「D-MAX」なんてのもカッコイイ。

日産「NP300ナバラ」の情報はこちら

参照元:Mazda

この記事をシェア
0 0
記事のタグ