スマートフォンで操作可能。初の家庭用真空調理機Sous Vide

2448

Mellow社が発表した「Sous Vide」はまさに、キッチンロボット。 “Sous Vide“とはフランス語で「真空」という意味。もちろん調理、冷却を完璧にこなす。特にSous Videが大きく注目されている要因は、最近レストランで話題になっている真空調理ができること。

真空調理とは、もともとフォアグラのテリーヌを作るために開発された調理法だが、今ではいろんな食材を調理するのに使われている。

真空調理は、生のお肉や野菜を袋に入れて真空にして、適切な温度で長時間かけてゆっくり火をいれるという、かなり高度なテクニックのいる調理法なため、シェフのための調理法だと思われてきた。このSous Videが登場するまでは。

gigamen_Mellow_Sous_Vide01

焼き目の茶色とつけることもできる。調理され過ぎることはないので、心配無用。自宅では再現できなかったレストランで提供されるような、ジューシーで柔らかい肉調理も可能。

完璧な料理のみでなく、スマートフォンの世代のために、ここ数年でステップアップと遂げた。 iPhoneやAndroidデバイスからリモート制御可能。料理が、あたかも冷蔵庫に入れられ、冷たい状態を保つことができる。さらには、調理完了の設定も可能。食べ物が台無しになることを心配することなく、料理を遅らせることができます。

全ての作業を、スマートフォンのアプリで提供される。ソフトウェアは、調理時間を計算し、成分を測定するために、鍋の底にデジタルスケールを使用している。遅く帰宅する場合も、無線LANに接続された炊飯器が自動的にあなたの食事が準備される時間を遅らせることができる。

gigamen_Mellow_Sous_Vide02

自宅にいつでもシェフを

Sous Videは初の家庭用真空調理機なため、注目度もかなり高い。文句のつけどころがない、新時代の調理機械Sous Vide。これさえあれば、まるで自宅にシェフが毎日準備してくれているかのよう。本格的な味は、外食の機会も減らすかもしれません。

Mellow社ははやくとも、2015年に$400で販売開始する予定と発表している。

 

動画を見る

 

記事元:GIGAMEN
参照元:Mellow

この記事をシェア
0 0
記事のタグ