Internet Explorerに別れのキスを 「Project Spartan」の時代へ

3178

この夏、Windows 10のリリースに伴って「Project Spartan」が始動する。Microsoftにとっては歴史的な変革となる。

新たなレンダリングエンジンEdgeを搭載

Edgeはモダンブラウザに特化したレンダリングエンジンで、Project Spartanの導入でMicrosoftのWebブラウザはInternet Explorer 11から大きく進化することになる。モダンWebブラウザで人気のFirefoxやChromeに追いつけ追い越せということなのだろう。

また、レイアウト、タイポグラフィ、グラフィックデザインの面で改善していくため、MicrosoftはAdobeとパートナー提携している。

gigamen_Microsoft_Project_Spartan01

Microsoft版SiriのCortanaもフィーチャー

Cortanaをデジタルアシスタントとして活用することもできる。ファイルの整理をしてもらったり、コンタクトをとってもらったり、知りたいことを検索してもらったり、あるいは暇な時に話し相手になってもらったりと、公私ともに良きパートナーとして活躍してくれる。

他にも、Webノート機能でWebページへの書き込みをし、OneDrive上で共有することもできる。

リーディング・リストは、後で読みたいWebページやコンテンツをリストに追加し、検索しやすくする機能だ。リストは手持ちの全てのデバイス間で同期化できる。

欧米では、Internet Explorerというとスピードの遅さや処理能力の低さからミーム(通常はインターネット上の面白ネタ)で小馬鹿にされているというイメージがどうも拭えないようだ。

MicrosoftはProject Spartanのリリースで、同社のブラウザについてしまった負のイメージを払拭することができるのか。それともまた新たなミームが生まれてしまうのか。そういった意味でもWindows 10のリリースが楽しみだ。

参照元:inStash, Microsoft

この記事をシェア
0 0
記事のタグ