見た目はカセット、中身は・・・ その名は『ミックステープ』!

1254
40ドル(約4400円)詳細ページ

見た目はカセットですが、よく見るとメモリーカードスロットやヘッドフォンジャックなどがあります。レトロな気分を味わえる携帯音楽プレーヤー『ミックステープ(MIXXTAPE)』。その製品化を目指すプロジェクトが5月下旬、クラウドファンディングサイトの「キックスターター」で立ち上がりました。

カセットに見える携帯音楽プレーヤー、テープデッキに入れると・・・

『ミックステープ』の形状は懐かしのカセットとそっくりです。しかし、手に取ってみると、スイッチ、ヘッドフォンジャック、液晶ディスプレー、操作盤、メモリーカードスロット、microUSBポートがあることにすぐ気づくでしょう。しかも「Bluetooth 3.0」に対応しています。レトロなデザインですが、極めて現代的な携帯音楽プレーヤーと言えます。

『ミックステープ』の使い方は主に3通りあります。まずヘッドフォンのプラグをジャックに差し込むと、ヘッドフォンで音楽を楽しめます。Bluetoothスピーカーと接続すれば、スピーカーから音楽が鳴り響きます。そしてテープデッキにカセットと間違えてしまいそうな携帯音楽プレーヤーを入れると、カセットを差し込んだ時と同じで、デッキの再生ボタンを押すと音が出ます。

プロジェクトに寄せられた支援金は5万ドル超に上る。

クラウドファンディングサイトで始まった『ミックステープ』の製品化プロジェクトは、期限の3週間前(5月末)の時点で、目標額の5倍に当たる5万ドル(約550万円)超を調達しました。支援したユーザーは760人以上。一定額を支援したユーザーは、懐かしさを感じずにはいられない、個性的な携帯音楽プレーヤーが届けられるのを心待ちにしていることでしょう。

参照元;KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ