前回東京五輪の時代にタイムスリップ!おもちゃのヴィンテージカー

1095
$20,000~詳細ページ

アメリカンスタイルのヴィンテージカーがおもちゃになりました。NY・ブルックリン発の新興玩具メーカーであるCandylab Toysは1950~60年代のアメ車をイメージした木製おもちゃ「MO-TO」の販売を目指しています。

MO-TOの基本的なシルエットは、私たちが普段見かける車とは異なり、直線的な形状。タイプは7種類。スポーツカーが主ですが、いかにも子どもが喜びそうなパトカーも。おもちゃの素材はブナ材、タイヤはゴム製のものを使用しています。

キックスターターの宣伝動画では、子どもたちが楽しそうに遊んでいる光景が。健全な玩具として、彼らの想像力を高められるはずです。一方で大人も楽しめるはずです。車が好きな方は言わずもがな。インテリアとして飾って眺めるのも良いですし、米国に思い入れがある方はヴィンテージカーが走る姿をイメージするのも良いでしょう。

MO-TOの資金調達は順調だったようで、調達額は目標の4倍を上回るほど。1台あたり30ドルでの販売を予定しているとのこと。先月、ニューヨークで行われたフェアに出品した際も小売業者からも良い反応が相次いだおもちゃ。気になった方はCandylab Toysのサイトをチェックしてみてください。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ